1. ドッグフードを獣医師が解説【ディアドッグ】
  2. ドッグフードの選び方
  3. ≫ドッグフードとアレルギーの関係

ドッグフードとアレルギーの関係

管理人

犬にはアレルギーが多いって聞いたけど本当?

獣医師G

そうだね、アトピーや食物アレルギーはとっても多いよ

管理人

うちの子のご飯大丈夫かな?

獣医師G

今アレルギーの症状が出ていなければ、大丈夫だよ。ただ、犬の食物アレルギーを起こす原因はいろいろあるから、「アレルギーの子はこれを食べておけば大丈夫!」とは言えなんだね。その子にあったご飯が必要なんだよ

管理人

そうなんだー。じゃあうちの子にあったご飯ってどう決めたらいいの?

獣医師G

最近はアレルギー検査がしっかりできるようになったから、気になる人はやっておいた方がいいんじゃないかな。検査をすれば、愛犬がアレルギーを起こしにくいフードを見つけられることが多いからね!

犬の病気で最も多いと言っても過言ではないアレルギー疾患。皮膚病や外耳炎など、アレルギーがかかわっていると考えられる病気を診ない日はありません。アレルギーの原因にはいろいろありますが、ドッグフードもアレルギーを引き起こす代表的な原因です。ドッグフードとアレルギーの関係について考えてみましょう!

そもそもアレルギーとアトピーって違うの?

アレルギー性疾患にはいろいろな種類がある

アレルギー性疾患にはさまざまな病気があります。食物アレルギーと犬アトピー性皮膚炎はその中の一つであり、それ以外にも喘息やワクチンアレルギー、天疱瘡などの自己免疫性疾患なども、アレルギー性疾患に含まれます。

食物アレルギーと犬アトピー性皮膚炎は、犬のアレルギー性疾患の中で最も多い病気であり、その症状も似ているので混同されやすい病気です。ただし、この2つの病気の原因や症状、治療法は変わってきます。

食事アレルギーと犬アトピー性皮膚炎の違い

食物アレルギーは、ご飯を食べて体の中に入った食物成分がアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)になって引き起こすアレルギーです。一方、犬アトピー性皮膚炎は、空気中のハウスダストや花粉などが、息と一緒に吸い込まれたり、皮膚についたりすることで発症するアレルギーです。

食物アレルギーは食事の改善で良くなるのに対し、犬アトピー性皮膚炎は、ほとんどの場合、薬などを使って付き合っていかなければならない病気です。

食物アレルギーの皮膚症状の特徴

食物アレルギーの症状の特徴を以下にあげておきますね。

皮膚の症状

  1. 通常、1歳未満で発症する(もしくは、食事を変えて数日以内に発症する)
  2. 顔回りや手足、背中、肛門周囲にかゆみや赤みが出ることが多い。
  3. 最初からかゆみや皮膚症状に季節性はない

人の食物アレルギーは、食べたとたんにアナフィラキシー症状を起こすことが多いですが、犬の食物アレルギーは慢性的な皮膚炎として出ることが多いため、アトピー性皮膚炎と混同されやすいんですよ。

消化器の症状(便の回数)

また、食事アレルギーは、皮膚だけでなく、消化器症状として出て来ることもあります。
4.軟便や便の回数が多い(1日3回以上)ことが良く見らえる

この4つの特徴がある場合には食事アレルギーを疑った方がいいでしょう。

食物アレルギーを起こす1型アレルギーとⅣ型アレルギー

少しややこしい話になりますが、食物アレルギーのメカニズムについて簡単にご説明します。アレルギー検査とフードの選択の際に重要ですので、ぜひ飛ばさず読んでくださいね!

食物アレルギーの2つのタイプ

アレルギーには、そのメカニズムからⅠ~Ⅳの4種類のタイプがあると言われています。その中で食物アレルギーに関連するのは、Ⅰ型とⅣ型のアレルギーになります。

アレルギーの型 割合 必要な検査 発症時間 食餌の選択
Ⅰ型 20% IgE抗体検査 15分~数時間後 加水分解フード
Ⅳ型 80% リンパ球反応検査 24時間以上後 蛋白源制限フード

IgEが関係するⅠ型アレルギー

Ⅰ型アレルギーには、「肥満細胞」と「IgE抗体」というものが関係しています。このIgE抗体はアレルゲンが入ってきたと察知すると、肥満細胞にくっつきます。ただし、IgEが2つくっつけるくらいの大きさのタンパク質を認識した場合だけ、IgEは肥満細胞にくっついて活性化します。活性化された肥満細胞は、ヒスタミンなどの炎症物質を放出して、アレルギー反応を起こします。

1型アレルギーではアレルゲンが入ってきてから症状が出るまでの時間が非常に速いため「即時型過敏症」ともいわれています。ヒトの食物アレルギーによるアナフィラキシーや気管支喘息などの他のⅠ型アレルギーを考えてみても、早く症状が出ることが想像できると思います。

犬の食物アレルギーでは、命にかかわるようなアナフィラキシーはかなり稀(起こらないかもしれない)だと言われていますが、何かを食べてすぐに顔がパンパンに腫れたり、じんましんのように皮膚に赤みが出るパターンは、1型アレルギーである可能性が高いです。

1%e5%9e%8b%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc

① タンパク質が吸収される
② IgEがたんぱく質に結合する
③ 肥満細胞にIgEが架橋する
④ 肥満細胞が活性化しヒスタミンを放出する
⑤ ヒスタミンが皮膚へ移動する
⑥ 皮膚に炎症(アレルギー)が起こる

リンパ球が関係するⅣ型アレルギー

一方で、Ⅳ型アレルギーを引き起こすのは「リンパ球」です。リンパ球がアレルゲンを認識すると、リンパ球から炎症細胞を活発にする因子が放出されて炎症が引き起こされます。

Ⅳ型アレルギーは、直接炎症を起こす物質が出る訳ではありません。リンパ球から炎症細胞を活発にする物質が出て、その炎症細胞の働きでアレルギー反応が起こるので、アレルゲンを食べてから発症までかなり時間がかかります。食物アレルギー以外にも犬アトピー性皮膚炎もこのⅣ型アレルギーに分類されています。

%e2%85%a3%e5%9e%8b%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc

① タンパク質が吸収される
② リンパ球がタンパク質やアミノ酸を認識する
③ リンパ球から炎症細胞を活性化する物質(インターロイキンなど)が放出される
④ 炎症細胞が活性化する
⑤ 炎症細胞が皮膚を攻撃する
⑥ 皮膚に炎症(アレルギー)が起こる

フードを選ぶ際に重要なアレルギー検査

血液でのアレルギー検査は2種類

犬の、血液検査によるアレルギー検査には大きく分けて「IgE抗体検査」と「リンパ球反応検査」と言われるものがあります。一回の採血で同時にその検査をすることができますが、IgE抗体検査はⅠ型アレルギーの有無を、リンパ球反応検査はⅣ型アレルギーの有無を検査します。どちらか片方だけの検査ではもう一方を見逃してしまうため、療法の検査をしてもらうことをお勧めします。

「加水分解系フード」と「蛋白源制限フード」の使い分け

アレルギー用の食事には主に、「加水分解系フード」と「蛋白源制限フード」があります。加水分解フードはIgE抗体が認識できないフードであるためⅠ型アレルギーにはこの加水分解系フードが有効になります。

一方でリンパ球は加水分解フードをアレルゲンとして認識してしまうので、Ⅳ型アレルギーにあまり意味がありません。

アレルギー用ドッグフードはその子のアレルギーのタイプを考えて食べさせないと意味がないということですね。

%e5%8a%a0%e6%b0%b4%e5%88%86%e8%a7%a3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89

そのため、アレルギー検査を早い段階で行っておくことが大切です。1型アレルギーであれば、z/dや低分子プロテインなどの加水分解フードが必要です。Ⅳ型アレルギーであれば、その子のリンパ球が反応するたんぱく質を含まない、セレクトプロテインやLABOLINEなどの蛋白源制限ドッグフードを選ぶといいでしょう。

ドッグフードの効果がない時に考えられる理由

添加物に対するアレルギーは検査ではわからない

もう一つ考えておかなければならないのが、添加物の問題です。実は、アレルギー検査では、添加物へのアレルギー反応の有無がわからないのです。添加物が食物アレルギーを起こすのか、アトピーを悪化させるのか、その両方なのかは不明ですが、添加物でアレルギーが悪化する子がいるのも事実ではあります。

アレルギー検査を行って適切なドッグフードを食べているにもかかわらず、皮膚の症状が良くならないという場合には、添加物によるアレルギーを考える必要があります。その場合、無添加のオーガニックフードや手作りドッグフードにすると劇的に改善する子もいますので、食事の変更を考えてみてください。

アトピー性皮膚炎が悪さをしている可能性

それから、食物アレルギーだと思っていたらアトピー性皮膚炎が原因だったというケースもあります。アレルギー検査では、通常、いくつかのアレルゲンに対して陽性反応が出てきます。その中でも反応が強く、症状を考慮したときに一番可能性が高いものをアレルゲンと考えて治療します。

そのため、アレルギー検査は悪さをしている可能性がある物質を特定するために行うものです。このアレルゲンが確実に悪さをしているということは言えないというのが、アレルギー検査の欠点です。

例えば鶏肉とハウスダストにアレルギー陽性の結果が出たとします。その場合に鶏肉を抜いたドッグフードを食べていても症状の改善がない場合は、ハウスダストによるアトピーの可能性があるのです。そのため、食事を変えても良くならない場合は、アトピーの治療をする必要が出てくることがあります。アレルギー検査で陽性反応が出ても、それが症状の一番の問題になっているとは限らないんですね。

しっかり検査をして食事を選ぼう

少し難しい話も入ってしまいましたが、食餌とアレルギーの関係、少しでもわかっていただけたでしょうか?

食物アレルギーの対策を立てるには、やはり検査をするのが一番です。今後も長い付き合いになる食物アレルギー。うまく診断が付けば無駄な薬を飲ませる必要なく、食餌療法だけでいい状態を保てることも多いですよ。

もし皮膚が弱かったり、便の回数が多い場合は食物アレルギーの可能性もあります。しっかり検査して、愛犬に合ったドッグフードを選べるといいですね!

参考になったらシェア♡