1. ドッグフードを獣医師が解説【ディアドッグ】
  2. ドッグフードの選び方
  3. ≫ドッグフードのふやかす方法【ふやけないフードはどうする?】

ドッグフードのふやかす方法【ふやけないフードはどうする?】

ドライフードをふやかす方法

管理人

ドッグフードってふやかしてあげた方がいいの?

獣医師G

健康な大人の子であれば特にふやかす必要はないよ。離乳食からドライフードに変える時とか、食欲が落ちている時、水分をたくさん取らせたい時はふやかして与えてあげるといいんだよ。

管理人

この前一回やったんだけど、なかなかうまくふやけなくて……電子レンジで柔らかくしてもいいの?

獣医師G

ドッグフードはちょっとふやけにくいつくりをしてるからね。レンジを使ってもいいけれどふやかすにはちょっとしたコツがあって、それさえしてあげればふやかすことは難しくないんだよ。

ドライフードをふやかすメリット

ドッグフードのふやかすか迷っている犬の写真
ドライフードをふやかすメリットは、主に以下の3点です。

  • 水分摂取量を増やす
  • 消化を助ける
  • においを出して嗜好性を高める
水分をたくさん取らせたり、食いつきを良くするためにドッグフードをお湯でふやかす人も多いです。離乳食からドライフードへ変えるときも、ふやかしてあげると消化不良を起こしにくいですね。

ちなみに、子犬のドッグフードは「必要ない」と思っている飼い主さんもいますが、成犬用をふやかせばいいのではなく、子犬用に作られたドッグフードをふやかして与えてくださいね。人間と同じで、子供と大人では必要な栄養が違ってきますので。

では具体的にどのようにふやかせばいいのでしょうか?

一般的なドライフードのふやかし方

  1. ドッグフードを1食分お皿に入れる
  2. お皿に入れたフードにお湯をかける
  3. 5~10分程度待つ

ドライフードをふやかすときの注意点

ドッグフードをふやかす注意点の画像
ドライフードをふやかす場合、以下の点に注意する必要があります。

保存がきかないため1食分ずつふやかす

ドライフードは出しっぱなしにしていても通常半日~1日は傷みません。それはドライフードには水分含有量が少ないため、雑菌などが増えにくいためです。

しかし、ドライフードをふやかすことで、細菌にとって重要な水分含有量が増えてしまうと、傷みやすくなります。魚の干物が常温でしばらく持つのに対し、生の魚を常温に置いておくと数時間で腐ってしまうのと同じですね。

面倒がらずに必ず1食分ずつふやかすようにしましょう。

熱湯をかけるとビタミンが壊れる可能性

ドッグフードに入っているビタミンの中には温度によって壊れてしまうものもあります。熱いお湯の方がふやけやすいですが、その分ビタミンは壊れやすくなります。できれば熱湯は避けた方がいいでしょう。

ふやかしたお湯は捨てない

ふやかして残ったお湯には栄養素が溶け込んでいます。余ったからと言って捨てないようにしましょう。また、ふやけない場合にも、そのお湯を捨てて新しいお湯を入れるということはやめましょう。せっかくバランスを考えて作ってあるドッグフードの栄養が少なくなってしまいます。

捨てなくていい程度のお湯を使ってふやかすことがポイントですね。

電子レンジの使い方には注意

よく、電子レンジは栄養素を壊してしまうから使ってはダメと言われることがあります。しかし、そのようなことは証明されていません。基本的にビタミンなどは温度の高さと、高温にさらされる時間によって壊れますので、温めすぎなければ問題ありません。

お湯を入れてもふやけなかった場合には電子レンジを使ってもいいですが、高温になりすぎないように注意してくださいね。

犬のやけどに注意

基本的にふやかすときは熱湯や電子レンジで高熱にするのは良くはないですが、万が一高温になってしまった場合は、必ず指で触って熱くないのを確認して与えてください。自然界には熱い食べ物は存在しないため、犬も実は「猫舌」です。熱いものは食べにくいだけでなく、やけどしてしまう可能性もありますので、必ず冷めてから与えてください。

ふやけなかった場合にやるべきこと

ドッグフードが思ったようにふやけない時はどうすればいいのでしょうか?

ドッグフードはふやけにくい

ドッグフード、意外とふやけにくいんです。理由は、ドッグフードの粒一個一個の周りに油が付いているから。

外側に油が付いているのは、以下のような効果を狙っているためです。

  • 嗜好性を上げる
  • カリッとした食感を保つ
  • 内側に油を少なくして脂肪分を制限する

油は水をはじいてしまうため、こうした特徴によってドッグフードはふやけにくくなっているのです。

ドッグフードがふやけなかった場合にできる工夫

ふやけない時の工夫点の画像
脂でガードされている外側と違い、ドッグフードの内側は水がしみこみやすくなっています。つまり、内側がお湯に直接当たるようにしてあげれば、ふやけやすくなりますね。ふやけにくいドッグフードは以下の二つの方法のどちらかを使ってみてくださいね。

ハサミでチョキチョキ切る

フードを1粒ずつ半分に割ることで、お湯にふやけやすくなります。普通のはさみでも切れますが、薬を半分にカットするためのはさみを買っておくと切りやすいです。形をある程度残したままふやかしたい場合はこの方法がいいでしょう。

1食分を袋に入れて砕く

1食分をビニール袋に入れて、上から押しつぶしたり、何かで叩いて砕きます。この方法は、はさみで切るより時間がかかりませんし、ふやけるのも早くなります。ただし、粒の食感がなくなってしまうため、あまり好まない子もいます。

↓↓ドッグフードの選び方はこちら(*^^*)
【ドッグフードの選び方】獣医師が教える基本の4ポイント

まとめ

ドライフードは基本的にはそのまま食べるように作られています。ふやかす必要がある場合は、ふやかすことで傷みが早くなったり栄養素が壊れたりすることを頭に入れて、注意点を守ってふやかしてみてください。

また、ドッグフード特有の構造によって少しふやけにくいフードも多いです。そんな場合は上にあげた2つの方法を使ってふやかしてくださいね。

歯が弱い子は最初からウェットフードを選ぶのもありです。
ウェットのドッグフードはあげても良い?カリカリを食べなくなるってホント?

AAAFOの承認マークありの人気プレミアムフード「ブッチ」もおすすめです。3種類の中では「ブラック」を買う飼い主さんが多いですよ。

\タップ!特別お試し価格はココだけ/
ブッチを注文する

ドッグフードのブッチの断面の写真

参考になったらシェア♡