1. ドッグフードを獣医師が解説【ディアドッグ】
  2. 犬種別ドッグフード
  3. ≫【ドッグフード】パグ用ってホントに必要?メリットとデメリット

【ドッグフード】パグ用ってホントに必要?メリットとデメリット

管理人

パグ用のドッグフードってホントに必要なのかな。パグが食べるごはんってやっぱりほかの犬とは違うの?

獣医師G

そうでもないんだよ。パグは他の小型犬とは少し違った特徴のある犬種ではあるけれど、他の犬と違うご飯を食べなきゃいけないってことはないよ。大型犬用のドッグフードや適応年齢が違うフードはよくないけれど、愛犬の年齢に合ったドッグフードであれば特にパグ用のドッグフードにこだわらなくてもいいんだよ。

管理人

そうなんだ。じゃ、パグって具体的にどんなことに気をつけたらいいの?

獣医師G

パグは、短頭種の代表で、呼吸器系がとっても弱い犬種なんだ。太るとのどや気管が圧迫されてしまって呼吸がどんどん苦しくなっちゃうから、体重を増やさないことが大切だね。あとは、皮膚や関節が弱い子も多いからそのあたりも配慮してあげる必要があるよ。大切なのは、愛犬の体質や体調に合ったフードを選んで、適切な量のフードを与えてあげることだね。

パグは、パグならではのユニークな特徴を持積犬種であり、それが魅力でもあります。そのため、かかりやすい病気も他の犬種と少し違うものも多く、食餌も少し気を付けてあげないといけません。そうしたことから「パグにはパグのフードを」と考える人もいるようですが、絶対にパグ用のフードを食べた方がいいということではないんです。今回はパグ用のフードの特徴と、パグのフードで気を付けてあげたいポイントをご紹介します。

パグの食餌で気を付ける点とパグ用フードの特徴

パグのフードを与える時には、肥満を抑えるとともに、皮膚や関節などパグが弱い部分に負担がかからないように考えてあげる必要があります。パグのフードを考えるうえで気を付けるべき点と、パグ用フードの特徴は以下の通りになります。

肥満の予防

パグの食餌で最も気を使ってあげないといけないことが太らせないようにすることです。

短頭種の代表であるパグには「短頭種症候群」という病気が非常に多く発生します。短頭種症候群は、気管が細かったり喉の構造が弱かったりするために、呼吸機能に問題が起こる病気であり、パグが呼吸のたびに「ガーガー」言っているのもそのせいなのです。

短頭種症候群が重症な場合は手術が必要ですが、軽度であれば肥満させないようにすることで悪化するのを予防することができます。

パグを太らさないためには、しっかり与えるフード量を測ってカロリーオーバーにならないようにしたり、おやつを与えすぎないことが大切ですね。パグ用フードも、肥満を防止するために、カロリーを抑えたり食物繊維を多く含んでいることが多いです。

軟骨や関節の健康を保つ

パグは腰の骨に先天的な奇形がある子が多く、椎間板ヘルニアや腰痛のリスクが高い犬種です。

これらの病気の予防には、肥満させないことや適度に筋肉をつけて腰回りの安定性を高めてあげることも大切ですが、椎間板など軟骨の健康を保つための成分も病気の発症や悪化の予防には重要です。

グルコサミンやコンドロイチンなどの軟骨の栄養成分や、DHAやEPAなどの抗炎症物質が腰を含めた関節の病気の予防につながるため、パグ用フードではこれらの成分が強化されていることが多いです。ただし、すでに腰痛やヘルニアを持っている場合は、フードのみでは不十分であり、これらの栄養成分のサプリメントや薬が必要になることも多いです。

皮膚の健康を保つ

パグは皮膚病、特にアレルギー性皮膚炎や脂漏症(皮脂が多くべたついて、細菌などが繁殖しやすい皮膚の状態)が非常に多い犬種です。そのため、皮膚の健康を保つことも重要です。

皮膚の健康のためには、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が有効であり、これらの成分もパグ用フードに多く含まれる成分になります。ただし、食物アレルギーがある場合には、アレルゲンを含まないアレルギー食が必要になりますし、皮膚病の状態によっては薬やサプリメントも必要になるため、パグ用フードだけで皮膚病をコントロールするのは難しいのが実際のところです。

筋肉を維持する

先ほど書いた通り、パグは腰が弱い子が多いため、できるだけしっかりした筋肉をつけて、腰回りの安定性を強化することが大切です。また、筋肉量が増えると代謝エネルギーも増加するため、肥満しにくくなるというメリットもあります。

そのため、パグ用フードには良質なたんぱく質や筋肉を作るために必要なカルニチンが配合してあることもあります。筋肉をつけるためには、フードだけではどうしようもないので、日常的な適度な運動も大切ですね。

パグ用フードに多い特徴

目的 強化されている成分
肥満の防止 食物繊維・低カロリー
軟骨や関節の健康 グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3脂肪酸など
皮膚の健康 DHAやEPAなどのオメガ脂肪酸など
筋肉強化 良質なたんぱく質

パグの食事量の目安とフードのサイズ

同じパグでも骨格の大きさに違いがあるため、その子によって体格に多少の差があります。パグの標準体重は大体5~8kgくらいであり、その場合、1日当たり374kcal~533kcalのエネルギーが必要となります。

100gあたり350kcalのエネルギーを含むフードの場合、5kgの子では1日100gちょっと、8kgの子では1日約150gのフードが必要になります。下の一覧表も参考にしてみてください。

パグの食事量の目安(避妊/去勢済、健康な成犬)

体重 必要
カロリー
300kcal/100gのフード 350kcal/100gのフード
1日のフード 1ヶ月のフード 1日のフード 1ヶ月のフード
5kg 374kcal 125g 3,740g 107g 3,210g
6kg 429kcal 143g 4,290g 123g 3,690g
7㎏ 482kcal 161g 4,820g 138g 4,140g
8kg 533kcal 178g 5,330g 152g 4,560g

ドッグフードは開封後にどんどん酸化し、成分が変性して味も落ちてしまいます。開封後は賞味期限内でもどんどん劣化してしまいますので、できれば開封して1ヶ月以内に使い切る量を買うようにしましょう。表を見る限りでは3~5㎏以下のフードを選んだ方がよさそうですね。

パグ用フードにこだわらず愛犬の体質に合ったフードを選ぼう

では、パグ用のフードは本当に必要なのでしょうか?パグ用のフードを食べさせる場合には、以下の3点に注意が必要です。

  1. すべてのパグに合うフードというものはない
    (食物アレルギーの原因はパグによって違います)
  2.  すべてのパグが同じ病気を発症しやすいとは限らない
    (その子の体質や体調にあったフードを選ばないといけない)
  3.  パグ用のフードを食べていれば何も心配ないというわけではない

そのため、パグ用フードにこだわらずに以下の点に注意して愛犬のフードを選ぶようにしましょう。

  1. AAFCO基準を満たしているなど栄養のバランスがしっかりしている
  2. カロリーオーバーをさせない(フードやおやつを与えすぎない)
  3. 食物アレルギーがある場合は、アレルギー源を含まない成分を与える
  4. 腰や皮膚など、愛犬の弱い部分を補う成分をサプリメントなどでしっかり取る

パグ用フードは、パグの体質を考えたフードではありますが、それが必ずしも必要というわけではなく、すべてのパグに合うフードでもないのです。大切なのは、パグに起こりやすい病気の知識を持ったうえで、どういう予防が必要なのかを知っておくことですね。パグ用フードにこだわらず、愛犬自身の体質や体調をしっかり理解して、それに合うフードを選べるよう心がけましょう!

参考になったらシェア♡