1. ドッグフードを獣医師が解説【ディアドッグ】
  2. 犬種別ドッグフード
  3. ≫【ドッグフード】ポメラニアン用ってホントに必要?メリットとデメリット

【ドッグフード】ポメラニアン用ってホントに必要?メリットとデメリット

管理人

ポメラニアン用のドッグフードってホントに必要なのかな?他の犬種用フードとは結構違うの?

獣医師G

そんなことはないよ。ポメラニアン用フードはポメラニアンの健康を考えて作ってあるフードではあるけれど、特にそれじゃないといけないということはないし、小型犬用フードと大きな違いはないんだよ。

管理人

そうなんだ。じゃあフードをどう選んだらいいかな?

獣医師G

小型犬用で、愛犬の年齢に合ったもの(子犬、成犬、高齢犬など)であれば大丈夫だよ。あとは、アレルギーとか、肥満とかがあればそれに合わせたフードを選ばなければならないね。大切なのはポメラニアンだからポメラニアン用と決めつけるのではなく、愛犬の体質に合ったフードを選んであげることだね。

ドッグフードは愛犬の健康の源であり、愛犬に合ったものを選んであげたいですよね。そんな時に見かけるのがポメラニアン用フード。ポメラニアンにはポメラニアン用フードを食べさせたくなりますが、絶対にそれがいいというわけではないんです。今回は、ポメラニアンの食餌の注意点と、フードの特徴を考えてみましょう。

ポメラニアンの食餌で気を付ける点とポメラニアン用フードの特徴

ポメラニアンは毛が細く皮膚や被毛の病気が多かったり、膝蓋骨脱臼や歯周病のリスクも高い犬種になります。これらの病気は食事ですべて予防できるわけではありませんが、フードを気を付けることで予防ができるケースもあります。ポメラニアンのフードで気を付ける点とポメラニアン用フードの特徴を見て行きましょう。

皮膚や被毛の健康を保つ

ポメラニアンの子には、皮膚や被毛のトラブルが多いです。原因不明の皮膚病やホルモン性の脱毛が出て来ることが比較的多い犬種になります。

そのため、ポメラニアン用フードには皮膚や被毛の健康を保つために、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸やヒアルロン酸などが配合されていることが多いです。ただし、ポメラニアンの皮膚病にはホルモンが関係することも多いため、食餌だけで皮膚病を予防することはできません。

軟骨の健康を保つ

ポメラニアンは膝のお皿が外れてしまう「膝蓋骨脱臼」の病気が多く発生します。膝蓋骨脱臼は重症の場合は手術が必要になりますが、軽度のものでは薬やサプリなどで内科的治療をすることが多いです。

膝蓋骨脱臼では、膝の軟骨が傷ついて炎症や痛みが起こりやすいため、軟骨の再生を促す成分を取ることで症状を軽減することが期待できます。そのため、ポメラニアン用フードにはグルコサミンやコンドロイチン硫酸などの軟骨成分、それからDHAなどの抗炎症成分が強化されていることが多いです。関節のためには、以下にご紹介するように肥満にさせないことも大切ですね。

肥満にさせない

ポメラニアンは骨が非常に細く、膝が弱い子も多いので、肥満になると足腰の負担が大きくなってしまいます。また、気管虚脱という気管の病気も多く、肥満になると余計に気管に負担をかけて病気を悪化させてしまいます。そのため、ドッグフードをたくさん与えすぎないことだけでなく、おやつや人のご飯をたくさん与えないように注意する必要があります。

ポメラニアン用フードも肥満をさせないようにカロリーが制限してあることもあります。ただし、肥満になってしまった場合は、減量用フードを考えてもらった方がいいでしょう。

4. 歯周病の予防

ポメラニアンのような小型犬では歯石が付いて歯周病を起こしてしまうことが非常に多いです。歯磨きをしない犬では、歯に残った食べかすが歯垢に変化し、固まって歯石になってしまいます。歯石の中には大量の菌が含まれており、その菌が歯周病が起こすのです。歯周病は口の痛みや口臭の原因となるだけでなく、歯周病菌が全身に回ることで腎不全や心不全の原因にもなると言われています。

ポメラニアン用のフードには歯石が付きにくいように、歯の表面に食べかすが残りにくい作りになっているものもあります。ただし、歯周病の予防はフードだけではできませんので、ポメラニアンの飼主さんは、しっかり歯磨きができるようにしておくといいですよ。

ポメラニアン用フードに多い特徴

目的 強化されている成分
皮膚や被毛の健康 オメガ3脂肪酸、ヒアルロン酸など
軟骨や関節の健康 グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3脂肪酸など
肥満予防 カロリー制限
歯周病の予防 クレンジング成分、フードの形状など

ポメラニアンの食餌量の目安とフードのサイズ

ポメラニアンの中にも大きい子小さい子がいますが、だいたい1.5~3.5kgの中に入ることが多いです。その場合、1日当たりに必要なカロリーは188kcal~317kcal必要となります。

100gあたり350kcalの栄養を含む成犬用のフードの場合、1.5㎏のポメラニアンであれば1日当たり43g、1カ月で1290g必要ということになります。体重ごとに必要なカロリー数と食事の量は以下の表を参考にしてみてください。

ポメラニアンの食事量の目安(避妊/去勢済、健康な成犬)

体重 必要カロリー 300kcal/100gのフード 350kcal/100gのフード
1日のフード 1ヶ月のフード 1日のフード 1ヶ月のフード
1.5kg 152kcal 51g 1,520g 43g 1,290g
2㎏ 188kcal 69g 1,880g 54g 1,620g
2.5kg 233kcal 78g 2,330g 67g 2,010g
3kg 255kcal 85g 2,550g 73g 2,190g
3.5kg 287kcal 96g 2,870g 82g 2,460g

ドッグフードは、1度開封すると酸化が進んで一気に劣化してしまいます。酸化が進んだフードは質が落ちるとともに風味も悪くなるため、たとえ賞味期限内だとしてもあまり開封して時間がたってしまったフードを与え続けるのはよくないです。できるだけ品質が良く、おいしいフードを食べてもらうためには1か月で使い切れるサイズのフードを選ぶことをおすすめします。ポメラニアンの場合は、1~2㎏サイズが理想といえるでしょう。

ポメラニアン用フードにこだわらず愛犬の体質に合ったフードを選ぼう

では、ポメラニアン用のフードは本当に必要なのでしょうか?

まずは、ポメラニアン用のフードなら大丈夫だと言えないのには以下の理由があります。

  1. ポメラニアンすべてに合うとは限らない
    (ポメラニアン用フードを食べていても食物アレルギーを起こすことがあります)
  2. ポメラニアンがみな病気を発症しやすいとは限らない
  3. ポメラニアン用フードさえ食べていれば健康にいいとは言えない

ポメラニアンのフードを考える上では以下のようなことが大切です。

  1. 栄養のバランスがしっかり考えられている(AAFCOの基準を満たしている)
  2. 肥満させないよう、食餌やおやつの量をしっかり守る
  3. 食物アレルギーなどの体質を見たうえで食餌を選ぶ
  4. 持病がある場合は、サプリメントなどで栄養素をしっかり補給する

つまり、ポメラニアン用フードは、ポメラニアンの体質や良く起こる病気を考えたフードではありますが、すべてのポメラニアンちゃんがそのフードでいいというわけではないんですね。

大切なのは、愛犬の体質や体調をしっかり見たうえで、愛犬に合ったフードを選ぶことです。元気で長生きできるよう、ポメラニアン用フードにこだわらず、愛犬に合う良いご飯を選んであげましょう!

参考になったらシェア♡