【ドッグフードのおすすめ】2018年最新ランキング!獣医師の解説あり

ドッグフードを選び方の画像
ここではドッグフードについて詳しく解説します。

危険なフードや成分など、知りたい情報をチェックしてくださいね。

ドッグフードとは

ドッグフードについて説明する画像

ドッグフードとは、工業的に生産された犬用の食料(ペットフード)を指す。人間の食事の残飯などは、犬に分け与えられたとしても「ドッグフード」とは呼ばれない。
引用:Wikipedia

ドッグフードは犬用に作られたフードのことなんですね。

昔は人間の残した白米とみそ汁を与えていた家庭もあったようで、栄養不足のワンちゃんが多かったようです。ペット業界が盛り上がり、正しい知識を持つ人が増えた現代ではドッグフードを利用している家庭がほとんどです。

ドッグフードの危険は成分でチェック

管理人

でも、ドッグフードってどこをチェックして選んだらいいの?

ドッグフードの種類っていっぱいあって、何を選んだらいいかわからないんだよね。。。

獣医師G

まずは、自分の家の犬の年齢や、大型犬か小型犬かなど基本的な条件が当てはまることが第一だね。それぞれの条件によって必要な栄養素が変わってくるからね。

管理人

確かに、成犬用や高齢犬用、小型犬用や大型犬用って書いてあるもんね。他には?

獣医師G

それから、あまりに安売りをしているフードには、安い理由が何かあることが多いから注意が必要だね。できればAAFCOの基準を満たした大手のフードが安全ではあるよ。

管理人

AAFCOって初めて聞いたけど何のこと??

獣医師G

アメリカにある米国飼料検査官協会っていう団体で、この団体が犬に必要な栄養素の基準を出しているんだよ。この基準に当てはまってれば、基本的に栄養不足になったり、栄養バランスが崩れたりする心配はないかな。
あとは原材料や添加物、原産国もチェックポイントの一つだね。すべてをチェックするのはなかなか難しいけれど、一番いいのは信頼できるメーカーを見つけることじゃないかなって思うよ。

↓タップで読めるよ↓
ドッグフードの超簡単チェック
ペットショップなどに行くと、ドッグフードがずらっと並んでいて、何を基準に選んだらいいかとっても悩みますよね。

ドッグフードを選ぶ基準は、栄養バランス、信頼性、安全性などになってきますが、それらの基準を満たすのに何をチェックしたらいいか悩みどころではないかと思います。今回は、ドッグフードのチェックポイントを解説いたしましょう。

愛犬の条件に合ったドッグフード

愛犬の条件に合ったフード

基本は愛犬の条件に合ったフードです。つまり、年齢、大型か小型か、肥満かどうかなどを見たうえで、その条件に合うフードを選ぶというのが基本になります。

もし何か持病がある場合には、その病気に合うフードを選ばないといけないこともあるので、特に高齢の子で、半年以上動物病院にかかっていない子では、一度健康診断をしたうえで、ドッグフードを選ぶようにした方がいいかもしれませんね。

AAFCOの基準を満たすドッグフード

栄養はAAFCOの基準を満たしているか?

AAFCO(米国飼料検査官協会)が犬に必要な栄養素の基準を発表しています。その基準に合ったフードは栄養バランスに問題がないという証です。この基準を満たしているフードでは、「総合栄養食」という表記があります(下の「ドッグフードの表示の例」の図の①のように書いてあることもあります)。ただし、AAFCOが検査をするわけではないため、基準を満たすという自己申告です。

「AAFCOは気にしなくていい」と書いてある記事もあり、その意見にも一理あります。ただし、今現在一番信頼できる栄養の基準はAAFCOですので、それの基準をクリアしていることは食餌選びのポイントになります。

激安ドッグフードには注意して!

安いフードに注意

ドッグフードにかかる費用は、原材料費、加工費、輸送費、広告費それからショップなどの小売りの利益などです。費用が安いということはこれらの費用の一部もしくは全部に費用が掛かっていないということです。

ペットフードの費用の割合

例えば、以下のように製造コストを削減するデメリットが出ることもあります。

  • ただ同然の質の悪い原材料の使用=安全性や品質の低下
  • 一つの製造ラインでたくさんの種類のフードを作り、加工費を削減=他の成分の混入の可能性
  • 船で大量に輸送することで輸送費を抑える=長時間の輸送に耐えるため、添加物を大量に使用

一概に高いものがいいとは言いませんが、安すぎるものは注意が必要です。特に、あまり聞かないメーカーや、いつも安いメーカーなどは注意が必要でしょう。また、テレビCMなどを頻繁に行っている場合は、ドッグフードの価格の大部分が広告費であるということもあります。そういったフードでは、宣伝広告費にかかった費用の分、フードの製造コストを安くしている可能性もあります。

成分表示でチェックする5ポイント

ドッグフードの裏面にはそのフードの成分内容の表記があります。以下に表記の例を挙げておきます(フードによって表記の方法は異なります)。

↓タップで読めるよ↓

ドッグフードの原産国(図の②)

原産国(図の②)

国産・欧州産が安心。

ドッグフードのカロリー(図の③)

ドッグフードのカロリー(図の③)

多くのフードには〇〇〇kcal/100gと書かれていますが、これはドッグフード100g食べると何kcal摂取することになるかという数値です。この数値が高いほど、同じ量を食べてもカロリーが高いという意味ですので、太り気味の子はこの数値が低めのフードを選びましょう。

ドッグフードの主成分(図の④)

ドッグフードの主成分(図の④)

意外と知らない人も多いですが、ドッグフードの成分一覧は「含まれている量が多い順」に並べられています。最初の方に書いてあるものが主成分だと思って選んでください。最近の話題は、「穀物が主成分でいいのか?」ということです。本来肉食の犬に主な成分が穀物というのは、犬の食性に合っていないのではないかという疑問が出てきています。

現在のところその結論は出ていませんが、犬の食性を考えると肉や魚などが主成分になっている方がいいのではないかと考えられます。

ドッグフードの添加物(図の⑤)

ドッグフードの添加物(図の⑤)

原材料の表記の下の方には微量に使用した原材料が載っており、そこに使用されている添加物が載っています。ドッグフードは保存をきかせるために何らかの添加物が使われていることがほとんどです。ただし、その含有量は載っていないため、実際に安全なのか危険なのかはわかりません。

ヒトの食べるものでも、安全性の確認された量であれば添加物は許容されているため、添加物が入っている=危険なフードではありません。また、よくわからないメーカーの場合は、原材料の部分に使用している添加物を表記していないという可能性すらあります。添加物の使用を控えてあるフードが好ましいのは事実ですが、香料や保存料が含まれているから悪いとは言えず、添加物の評価に関しては難しいところです。

その他、重要な栄養成分

その他、重要な栄養成分

栄養成分で、入っているかみておきたい成分です。

グルコサミン・コンドロイチン硫酸

関節が弱い子はこれらの成分が入っているものの方がいいでしょう。

DHA・EPA

これらの成分は抗酸化作用があり、関節炎や皮膚が弱い子には有効な成分です。

処方食を作っているメーカーは信頼度が高い

現在、動物病院でよく扱う処方食を作っているのは、以下の5社です。

  • Hill`s(ヒルズ)
  • ロイヤルカナン
  • Specific(スペシフィック)
  • Drs(ドクターズ)
  • JPスタイル(日清)

これらのメーカーは病気と直結するフードを作っているため、栄養のノウハウに優れているとともに、病院の信頼を失わないためにもしっかりした品質のものを作っています。上にあげたようなメーカーが作っている一般食は動物病院以外でも購入することができ、比較的安心して食べさせることができるでしょう。

ちなみに、JPスタイル以外は海外産です。「海外産でも良いものは良い、国産でも悪いものもある」ということです。

付加価値のあるドッグフード

付加価値があるフードについて解説します。

オーガニックのドッグフード

オーガニックフードというのは、厳密には、添加物を使わないだけでなく、基準を満たした肥料を使って作った作物や、飼料を使って育てた動物の肉を原材料にしたフードです。これらのフードは体に害になるような成分が少ないため、体に優しいと考えられており、肝臓への負担が少なかったりアレルギー疾患が起こりにくいフードになります。

しかし、日本にはドッグフードのオーガニックの基準はありません。つまり、添加物が使われていたり農薬を使って作った作物が入っていてもオーガニックと名乗っているフードが出回っている可能性があるのです。

本当にオーガニックフードであればお勧めしたいですが、どのあたりまで信頼できるのかは不明です。もし、皮膚や肝臓が悪くて薬で良くならないという子には、オーガニックフードを一度試す価値はあるかと思いますが、そうでない子の場合はやはりAAFCOの基準を満たしたドッグフード(総合栄養食と記載のあるもの)を一番に考えてもらうといいでしょう。

プレミアムフード

プレミアムフードは、一定の栄養基準満たしているだけでなく健康に良い成分を積極的に使った少し高級なフードです。

プレミアムフードも基準があるわけではなく、本当にそうなのかは誰にもわかりません。信頼できるメーカーが出しているプレミアムフードであればお勧めいたしますが、そうでなければあまりプレミアムの意味がないかもしれませんので注意してくださいね。

子犬のドッグフード

子犬のドッグフードの注意の画像
子犬はまだ噛む力も弱く、口も小さいので食べやすい形のドッグフードで、なおかつ消化に良いものを与えましょう。まだ離乳食を卒業したばかり、生後1年未満の子犬のドッグフードはしっかり選んであげることが大切です。大げさかもしれませんが、身体を作る食べ物なので犬の一生に関わってきます。

人間が食べても安心なフードを選び、必ずお湯を入れて少しふやかしてから与えてくださいね。

子犬のドッグフードの最適な量については子犬のドッグフードの量は体重と相談!【プリンカップで解説】に記載していますが、体重をチェックしてあげると適切な量が分かりやすいです。

飼ったばかりの子犬はドッグフードを食べないこともあります。
その場合は「ドッグフードを食べない子犬に食べてもらうには?」を参考に食べさせてみましょう。

獣医師G

特にチワワやトイプードル、マルチーズなどの小型犬は愛玩犬として人間が長い年月をかけて改良してきた犬種なので野生で生きていくのは厳しいです。
「犬だから強い」という考えはやめ、人間が可愛がるために改良された犬という事を忘れずに大切に育ててあげましょう。

ドッグフードのおすすめ【まとめ】

15歳を超えて長生きする犬も多くなり、毎日食べるドッグフード選びは健康な生活のためにはますます重要になってきています。ドッグフードはすでに加工された状態で販売されているので、どのフードがいいのかを判断するのは非常に難しいです。

できるだけ安心して愛犬に与えられるフードを選ぶ際の、1つの方法としてこのサイトを参考にしてみてくださいね。

肥満の犬におすすめは?

肥満のワンちゃんの場合、足の関節を痛めたりヘルニアになる可能性もあるのでダイエットが必要ですよね。

カロリーコントロールするなら、ドッグフードの成分表示をチェック!
カロリーをチェックして与える量をしっかり決めましょう。

実は私も、愛犬に与える量を間違えていて肥満にさせてしまうところでした。。

また、去勢手術や避妊手術の後は太りやすくなります。
ドッグフードは去勢後(避妊後)に太ったら変更するべき?獣医師が教えます!の記事で獣医師が解説しているので、これから手術を受けるならチェックしておくと安心ですよ(*^^*)

ドッグフード選びで迷ったらカナガン

管理人

私のおすすめは「カナガン」です。
愛犬もずっとカナガンを食べています♡

カナガンの原産国であるイギリスはペットの先進国と言えるほど、法律も厳しくドッグフードの基準も高く設定されています。

逆に中国産は基準が甘いので、与えないようにしています。中国のドッグフード事件などもあり、人間が食べる物でも度々ニュースになるので中国産はおすすめできません

現代では数えきれないほどのドッグフードが販売されていて迷ってしまいますよね。

もしドッグフード選びで迷ったら、当サイトおすすめのカナガンを利用してみるのもアリだと思いますよ(*^^*)

\タップ!最大20%オフはコチラ/
カナガンを割引注文する

12次へ »
2 / 2 ページ