1. ドッグフードを獣医師が解説【ディアドッグ】
  2. 犬種別ドッグフード
  3. ≫ドッグフードのコーギー用ってほんとに必要?獣医師が答えます

ドッグフードのコーギー用ってほんとに必要?獣医師が答えます

管理人

コーギー用のドッグフードってホントに必要なのかな?コーギーにはコーギー用フードじゃないとダメなんですか?

獣医師G

そんなことはないんだよ。コーギーに一般的な小型犬~中型犬のフードを与えちゃだめなんてことはないよ。

管理人

じゃあ、コーギー専用フードってどんな意味があるんですか?

獣医師G

コーギーは、手足が短くて胴が長い独特の体型をしてるよね。それゆえに腰や関節が弱いんだ。それ以外にも被毛が荒くなりやすかったり、歯石が付きやすかったりするんだよ。そういったコーギーの弱い部分を考えて作ってあるのがコーギー専用フードなんだね。

管理人

そうなんですね。じゃあ、コーギー専用フードを食べていた方が安心ですね。

獣医師G

コーギー専用フードを食べていれば安心と思うのは良くないよ。ひとくくりにコーギーと言っても体質はそれぞれ違うからね。お家の子が弱い部分や体質を考えて、それに合ったフードを与えてあげる必要があるんだよ。

元気でわんぱくな性格と、短い脚で走り回る愛らしい見た目で不動の人気を誇る「コーギー」。正式名称は、「ウェルシュ・コーギー・ペンブロープ」と言います。足が短く胴が長い独特の体型が人気のコーギーですが、その体型ゆえに足腰の病気が多く出てしまう犬種なんです。

そんなコーギーにはどのようなフードを与えたらいいのでしょうか?コーギー専用フードは本当に必要なのでしょうか?今回はコーギーに与えるフードについて考えてみましょう。

コーギーの食餌で気を付ける点と特徴

まずは、コーギーの食餌で気を付けたい点と、コーギー用フードの特徴を見ておきましょう。

肥満にさせない

胴体が長いコーギーには、背中や腰の椎間板ヘルニアが非常に多く発生します。また、短い脚の骨は他の犬種に比べ曲がり気味になっており、関節への負担も大きい犬種です。

背骨や関節には、体重が重ければ重いほど負担がかかります。痩せすぎると腰や関節をサポートする筋肉が落ちてしまい、かえって腰や関節を痛めやすくなるため、痩せすぎには注意が必要ですが肥満は厳禁です。

コーギーには食欲旺盛な子やおやつが大好きな子が多く、甘やかすとすぐに肥満になってしまう子もいます。できるだけ肥満にさせないよう、食事量は注意してあげましょう。食事を制限すると我慢できない子には、満腹感を感じさせてくれるような食物繊維が多く含まれる食餌を与えるといいでしょう。

腰や関節をサポートする成分

腰や関節に負担をかけないためには肥満にさせないことが大切ですが、食餌で積極的に腰や関節に良い成分を取ることもできます。

特にEPAやDHAなどのω3脂肪酸や、グルコサミン・コンドロイチンなどは、関節の炎症を抑えたり軟骨の栄養成分となって関節の保護をしてくれます。若いうちからこういった成分を取ることも、高齢になってからの関節疾患の予防のためには大切です。

美しい被毛の維持

コーギーの被毛は、やや硬めのオーバーコートの下に柔らかいアンダーコートが生えているダブルコートという構造をしています。皮膚や毛のコンディションが悪くなると、アンダーコートが抜けてしまい全体的にごわごわして硬い毛質に変わってしまいます。

DHAやEPAなどのω3脂肪酸は、関節だけでなく皮膚の健康のためにも重要な物質です。またビタミンBやE、リノール酸などは皮膚や被毛の健康などに大切な成分です。

お口の健康の維持

コーギーは小型犬と中型犬の間くらいに位置する大きさの犬種です。つまり、トイプードルやチワワなどの小型犬に比べると口や歯が大きく、これらの犬種と同じものを食べているとほとんど噛まずに飲み込んでしまうことも多いです。

食餌を噛まないと歯肉の健康が損なわれたり、歯の表面の汚れがこすれないため、汚れが付きやすくなってしまいます。そのため、コーギー用のフードは小型犬フードよりもやや大粒でしっかり噛めるような作りになっていることが多いです。

コーギー専用ドッグフードに多い特徴

目的 強化されている成分
肥満予防 高食物繊維、低脂肪
関節の健康 ω3脂肪酸(DHA・DPA)、グルコサミン、コンドロイチン
皮膚・被毛の健康 ω3脂肪酸、ビタミンB/E、リノール酸
お口の健康 やや大粒

コーギーの食餌量の目安とドッグフードのサイズ

コーギーの平均体重は約9~13㎏になります。フードの必要量は体重ごとにだいたい決まっていますので、以下の表を参考にしてみてくださいね。

コーギーの食餌量の目安(避妊/去勢済、健康な成犬)

体重 1日に必要なカロリー 300kcal/100gのフード 350kcal/100gのフード
1日のフード 1ヶ月のフード 1日のフード 1ヶ月のフード
9kg 582kcal 194g 5,820g 166g 4,990g
10kg 630kcal 210g 6,300g 180g 5,400g
11kg 676kcal 225g 6,760g 193g 5,790g
12㎏ 722kcal 241g 7,220g 206g 6,190g
13kg 767kcal 256g 7,670g 219g 6,570g

カロリー計算は標準体重を基に行うのが基本です。肥満や痩せ型の犬の場合は、BCS(ボディコンディションスコア)を参考にして、標準体重を考えたうえで、この表を当てはめてください。

コーギーのフードサイズ

ドッグフードは、一度封を開けるとどんどん劣化が進みます。基本的に封を開けて1か月以内に使い切ることが理想的です。封を開けて劣化が進むと、酸化によって成分が変化したり味が悪くなってしまいます。

上の表を参考に、ドッグフードを買うサイズを考えてみましょう。1か月に必要なフードの量は5~8㎏くらいですので、5㎏以下のサイズであれば使い切れますね。割安だからと言って10㎏以上の大きめサイズを買わないようにしてくださいね!

コーギー専用にこだわらず愛犬の体質に合ったドッグフードを選ぼう

結局のところ、コーギー専用フードは絶対的なものではないんです。犬種専用フードを食べさせている飼い主さんは、それだけで満足せず、以下のような点に注意をしてください。

注意点
  1. コーギー専用フードを食べていても、それだけで肥満の予防はできない
  2. コーギー専用フードを食べていても被毛やお口のトラブルが起きてしまうことがある
  3. コーギー専用フードが、お家のコーギーに最も合うフードとは限らない
つまり、コーギー専用フードさえ食べていればそれだけでいいということではないんですね。

大切なのは・・
  1. AAFCO基準など、ドッグフードの栄養基準をバランスよく満たしている
  2. フードだけでなく、おやつの制限や運動による肥満対策を行う
  3. 毛艶や歯石が気になる場合は、動物病院でも相談する
  4. フードだけに頼らず、必要があればサプリメントなども考える
ということです。コーギー専用フードは、すべてのコーギーに合うフードではないですし、もちろんそれを食べていれば病気をしないなんてことはありません。

獣医師G

コーギーの体質や食餌で気を付ける点はおわかりになったでしょうか?大切なのは、コーギーの食餌で気を付けることをしっかり理解したうえで、愛犬の体質に合うフードを選び、過不足なく与えてあげることです。

この記事を参考に愛犬に合うベストなドッグフードを選んであげてくださいね!

参考になったらシェア♡